染色体ことや連鎖などについて勉強しました

勉強をしました。相同染色体の動き(観察事実)は、体細胞には、相同染色体が2本ずつ対となって含まれています。減数分裂の第一分裂のとき、相同染色体は分かれて、別々の配偶子に入ります。受精によって、1つの細胞(受精卵)で相同染色体が再び対となります。体細胞中の相同染色体はエンドウでは7対、キイロショウジョウバエでは4対です。しかし、遺伝子の数はこの数よりはるかに多いです。これは1本の染色体に多くの遺伝子が存在することを意味しています。2つ以上の遺伝子が同じ1本の染色体にある場合、遺伝子はどのように位置を占め、どのように次の世代に伝えられるのでしょうか。染色体には数多くの遺伝子が並んでいます。もし1本の染色体に2つの遺伝子があると、配偶子が形成されるときにこれらの遺伝子はともに行動をすることになります。このように、1本の染色体に多数の遺伝子が存在して一緒に行動する現象を連鎖といいます。勉強になりました。睡眠時無呼吸症候群